アイデア

リクルートがどうしてすごかったのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ読んでいる途中で、自分が今やりたいと思っていることに反映して考えるところまでいってないですが、
読み終わったらまた書きたいと思います。
「リクルートの すごい構“創”力」

リクルートの すごい構“創”力 アイデアを事業に仕上げる9メソッド

この本、新規事業をやりたいと思っている人は是非一度読んでみてください。
特にここのところ、スタートアップって比較的簡単にできるようになって、比較的簡単になくなっていってしまう。
そこで何か学ぶことがあって、次につながればいいのですけど、やりっぱなしだとつまらないですよね。

リクルートは、やっぱり新規事業をたくさんてがけてきた会社さんだけあって、しっかりしているなというのがよくわかる本です。
ユーザの財布の出所を把握してプランを立てること、としています。
今回企画しているビジネスにユーザがお金を払うとしたら、それはそのユーザが今まで何に費やしていたお金をこっちに
回すことになるのか、コーヒーを飲んでいたお金なのか、電車に乗るお金なのか、そこまで事前リサーチしなさい、って書いてあります。
ああ、すげえ、さすがやなあ。
便利だけじゃあ、お金は落とさない。自分のサービスにお金を落とす動機はどこからでてくるのか、そこから逆算するといるもの
いらないものが見えてくる。深いです。

ものづくりにしても同じこと。
かわいいアクセサリーを一つ、お客様に買っていただくためには、もしかしたら1ヶ月ランチを安くして我慢しているかもしれないし、
ブランド物の洋服を買うのをやめよう、と思っているかもしれない。そうしたら、そういう人によろこんでいただくには
どういうデザインにすべき?というのはあるかもしれませんね。
次の1ヶ月、毎日、それを見て、買ってよかったと思ってもらえるかどうか、とか。
こういうのは、考えると楽しいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*